美容皮膚科でできる事

美容皮膚科とは?

美容皮膚科とは?美容皮膚科は美容整形の中でも、主に皮膚の管理や老化などについての研究や治療を中心として行っています。実際の現場として常に活用されているのが、いわゆるスキンケアや化粧品関連などにあたります。美容クリニックでは、老化などに対して行われる「アンチエイジング」などの技術に用いられる技術で、美容整形を処置したあとの術後ケアなどについても大いに活躍しています。仙台の美容クリニックではこの技術がすぐれており、術後のケアでは他の追随を許しません。また化粧品などのご相談などについても随時承っておりますので、どうぞお気軽にお申し付けいただけます。

アンチエイジングって?

アンチエイジングって?老化によって発生する皮膚の劣化にはいくつかの改善点があります。ひとつは成長ホルモンの分泌量の減少によって発生する代謝の低下からくる老化現象です。この成長ホルモンの分泌を促進することで、肌の若々しさや、健康的な肌の生成、さらには育毛などの効果につながっていきます。生活習慣からくる冷え性などが老化現象につながっていたり、またスキンケアで間違った化粧水、肌に合わない化粧水などについても検査を行うことで改善することができるようになります。そのような生活習慣からくるエイジングの改善を教えて差し上げることから、美容外科技術を駆使することでの改善まで様々なサポートを行っています。

他にどんなことをしてるの?

他にどんなことをしてるの?美容皮膚科でおこなっている治療でゆうめいなものに、ヒアルロン酸の注射や、レーザー脱毛治療などが挙げられます。ヒアルロン酸注射の効能として有名なのは皮膚のたるみやシワを改善してくれることで知られています。また間接などに注射することで間接の痛みをおさえたり、炎症をおさえたりと、体内で不足しているヒアルロン酸を注射によって補うことで改善している治療になります。またレーザー脱毛については、無毛に限りなく近い脱毛を可能にする技術として広く知られています。これらの技術は医療として扱われており、レーザー脱毛に関しては特定の出力以上を使用する場合は医療・美容クリニックでしか行えません。